• TOP
  • 高雄観光スポット

高雄観光スポット

高雄の主な観光スポットのご紹介。

  • 高雄山神護寺
  • 槙尾山西明寺
  • 栂尾山高山寺
  • 平岡八幡宮
  • 北山杉

高雄山神護寺 たかおさん じんごじ

高雄山神護寺

神護寺もうで
京の郊外の清遊地として古くから知られる三尾(さんび)のひとつ、高雄の神護寺は広大な山内全域が木々の緑と紅葉におおわれている。朱の金堂はカエデと色を競い、大師堂は7世紀間の風雪に堪えてひっそりと静まり、多宝塔は緑をぬきんでて建ち、絵筆に描き尽くせぬ美しさである。境内最西端の地蔵院の庭からながめる、清滝川(きよたきがわ)の清流がつくる錦雲峡は、有名な「かわらけ投げ」のかわらけの、ゆくえを定めかねる、千仞(せんじん)の渓谷である。春は桜が満山をかざり、夏は蝉しぐれにあけ、河鹿、ひぐらしの声に暮れ、冬は雪に埋もれて四季を通じて自然の美しさにつつまれて、しみじみと人の世のあり方を考えるのによい環境である。

〒616-8292 京都市右京区梅ヶ畑高雄町5
TEL/075-861-1769  FAX:075-862-0354 ホームページURL/ http://www.jingoji.or.jp/
拝観時間/金堂拝観/9:00~16:00(閉門17:00)
(ただし12月29日~31日は迎春準備のため金堂拝観はできません。)

周辺マップ

神護寺重宝もくろく(抄)
国宝
・金堂本尊木造薬師如来像 一体(常時公開)
・源頼朝画像 平重盛画像(5月1日~5日まで公開)
・多宝塔安置木造五大虚空蔵菩薩 五体
・紫綾金銀泥絵 両界曼茶羅 二幅
・絹本著色 釈迦如来画像 一幅
・絹本著色 山水図六曲屏風 二雙
・潅頂歴名(弘法大師筆) 一巻
・銅鐘(銘藤原敏行筆) 一口 重要文化財
・大師堂 一宇・日光月光菩薩像 二体
・神護寺絵図 一舗
・神護寺々領絵図 四舗
・木造 毘沙門天立像 一体
・尊勝曼茶羅 一幅
・絹本著色 十二天画像 十二幅
・後宇多法皇宸翰寄進状 一巻
・文覚上人書状案 一巻
・神護寺略記 一巻 ゆかりの人物
・和気清麻呂公
・伝教大師=最澄
・弘法大師=空海・文覚上人


槙尾山西明寺

槙尾山西明寺

古義真言宗に属し槇尾山と号する。高雄(尾)山・神護寺・栂尾山・高山寺とともに三尾の名刹の一つとして知られる。古来から、清滝川のせせらぎと共に、春の桜・つつじ、初夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季を通じて豊かな自然を現している。天長年間(824~34)に弘法大師の高弟智泉大徳が神護寺の別院として創建したのに始まると伝える。荒廃後、建治年間(1275~78)に和泉国槇尾山寺の我宝自性上人が中興し、本堂、経蔵、宝塔、鎮守等が建てられた。また正応三年(1290)に平等心王院の号を後宇多法皇より命名賜り、神護寺より独立した。さらに、永禄年間(1558~70)に兵火にあって焼亡したが、慶長七年(1602)に明忍律師により再興された。現在の本堂は、元禄一三年(1700)に桂昌院の寄進により再建されたものである。堂内には、唐様須弥壇上の本尊釈迦如来像(重要文化財)を始め、多数の仏像が安置されている。

〒616-8291 京都市右京区梅ヶ畑槇ノ尾町1
TEL/075-861-1770
拝観時間/9:00~17:00

周辺マップ

・仏像 釈迦如来像
・仏像 千手観世御音菩薩像
・仏像 愛染明王像

ゆかりの人物
・智泉大徳
・我宝自性上人
・明忍律師
・桂昌院


栂尾山高山寺

栂尾山高山寺

京の西郊、丹波高原に通じる周山街道ぞいの高雄(尾)槇尾(まきのお)、栂尾(とがのお)はいわゆる三尾(さんび)と呼ばれ、紅葉の名勝として知られてきた。清瀧川に沿う山深い丹波の奥に通じる一条の街道を、北山杉の美林に時雨れる日など、高山寺を訪れると心の底から聖域の気は心を鎮めて呉れる。春夏秋冬、高山寺の美しさは素直に心にとけこむが、なかでも石水院の軒端から、向山にかかる夕月をみる秋の風情は格別であり、日頃とかく忘れていた詩情を呼びもどしてくれる。高山寺の境域は老杉や巨松や老楓に覆われ、堂塔をはじめとして、宗教的な遺跡も多いので楞伽山(りょうがさん)を含めた一帯は国の史跡に指定されている。佛説に「山色を佛体とし、渓聲を法語とする」というとおり、まさに、「華厳浄土」にふさわしい環境をもっている。

〒616-8295 京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8
TEL/075-861-4204
拝観時間/金堂拝観/8:30~17:00
JRバス線 京都駅から栂尾高山寺まで約50分
四条大宮から栂尾高山寺まで約40分

周辺マップ

高山寺御宝物もくろく
国宝
・建築 石水院・紙本淡彩 明恵上人樹上坐禅像
・絹本著色 佛眼佛母像・紙本墨画 鳥獣戯画巻
・紙本著色 華厳宗祖師絵伝六巻 重要文化財
・絹本著色 文殊菩薩像
・紙本墨画 将軍塚絵一巻
・絹本著色 華厳海会諸聖衆曼茶羅図
・彫刻 乾漆薬師如来像
・彫刻 善妙神像
・彫刻 白光神像
・彫刻 春日明神の木彫神鹿
・神本墨書 夢記
・神本墨書 大唐天竺里程書

平岡八幡宮

平岡八幡宮

高雄山神護寺の守護神として、弘法大師(空海)が平安初期、大同4年(809)、12月10日、自ら描いた僧形八幡神像を御神体として、宇佐八幡より勧請、創建された、山城国最古の八幡宮である。
「花の天井」は特に女性に人気で、高雄・嵐山・御室のちょうど中間点に位置、何より静かな環境は、古き京都の風情を今も残しています。見る、聞く、楽しむ…そして学ぶ。京都で、神職が説明する神社は当社だけです。「花の天井」のなぞのお話、しめ縄の秘密、正しい神社のお詣りの方法、弘法 大師、足利義満の不思議な話など、お話致します。

〒616-8271 京都市右京区梅ヶ畑宮の口町23番地
TEL/075-871-2084
拝観時間/10:00~16:00(9月15日~12月3日)
(ただし、10月1日・8日・9日は神事の為、拝観はできません)
拝観料/500円(縁起書授与、大福茶接待付)

周辺マップ

境内のご案内
・地主社 土地の神
・武内社 長寿の神
・貴布弥社 水
・病気の神
・若宮社 心の神
・山の神岩 山の守護神
・平岡八幡弁財天 芸能、音楽、財運の神


北山杉

北山杉

高雄の恵まれた自然環境の中、永年に渡って伝承されてきた職人の厳しい“目”と “技”で、手間ひまかけて丹念に仕立てられる「北山杉」。苗木から厳選して、30年余りの歳月をかけて、神経質とも言えるほどに手間をかけて育てられる。 その間に、真直ぐで一定の太さをもった、しかもフシのない美しい木に育てねばならない。一般的に太くて真直ぐな木を育てることはたやすいが、北山杉のよう な細くて真直ぐな木を育てることは難しい。ましてや、その上に、フシのない一定の太さのものをつくり上げるには、高度な技術がいる。北山の風物詩である枝 打作業は、1つはフシのない美しい木をつくるためのものであるが、それと同時に、一定の太さにコントロールするための、いわば抑制栽培の手段でもある。年 間を通して気温が冷涼で、冬には厳しい“北山しぐれ”にさらされるという北山独自の自然環境のなか、山の斜面を使っての不安定な立地条件のため、より高度 な技術と細やかな配慮が要求される中で育成された北山杉は、生命力が強く、いつまでもその美しさを保っている。

周辺マップ

周辺マップ

Copyright 2010.Takao-Hoshokai All rights reserved Designed by Tratto Brain